ウェブサイトの言語

利用規約

ESE言語プログラムの登録と確認の手順
(ESE国際財団年次卒業証書を除く)

ESE登録フォームは、予約部門のESE連絡先または次のアドレスに電子メールで送信する必要があります。 study@ese-edu.com.
コースと宿泊パッケージを予約した場合は、登録フォームを受け取ってからXNUMX営業日以内に、選択した宿泊施設の空き状況に応じて確認の返信があります。
到着時刻と出発時刻を含むフライトの詳細は、空港送迎が選択されている場合、またはコースと宿泊施設のパッケージに含まれている場合は、完全に開示する必要があります。 到着時刻と出発時刻を含むフライトの詳細が開示されていない場合、ESEは空港送迎とその結果としての遅延、フライトの損失、または代替の交通機関や旅行の手配、またはコースの支払いを含むその他の費用について責任を負いません。および/または宿泊施設のコミットメント。
ESEを通じて購入したすべての航空券および/または旅行保険は、フライトおよび/または旅行保険の確認および承認後すぐに全額支払う必要があります。 下記の「料金の支払い」セクションで、下記の支払いの詳細を参照してください。
予約ごとに50ユーロの登録料が請求されます(コースのみの予約を含む)。

 
確認

空き状況に応じて、ESEは、登録フォームの受領からXNUMX営業日以内に、確認書、プロフォーマインボイス、および受諾書(入国ビザ申請が必要な場合)を発行します。
請求書の全額を支払う必要があるのは、クライアントの到着日の少なくとも2週間前です。 登録フォームの日付がクライアントの到着日の2週間以内の場合は、請求書の全額を直ちに支払う必要があります。 そうしないと、前述の確認書と承諾書が無効になります。
ESEは、支払いの受領時にのみフライトおよび旅行保険を発行します。

 

 
ESE言語プログラムのキャンセルポリシー
(ESE国際財団卒業証書を除く)

すべてのキャンセル料は譲渡できません。
予約のキャンセルは書面で受け取る必要があり、次のようなキャンセル料がかかります。

 
短期コース(1〜7週間)

到着日の7日以上前: 100ユーロ(登録料を含む)、フライト料金(該当する場合)および旅行保険(該当する場合)。
到着日の1〜7日前: 1週間の授業料と宿泊費、登録料、フライト料金(該当する場合)、旅行保険(該当する場合)。
ノーショー、または到着日後のコースのキャンセルまたは短縮の場合: 手数料の返金はありません。

入国ビザが必要であるが許可されていない場合は、ビザ拒否文書のコピーと一緒にすぐにESEに通知する必要があります。 ESEは、コース料金と宿泊料金から100ユーロ(登録料を含む)、フライト料金(該当する場合)、旅行保険(該当する場合)を差し引いた金額を返金します。 ただし、ビザ拒否書類の日付から3日以内にESEに通知しない場合は、上記のキャンセル料が適用されます。

 
長期コース(8週間以上)

到着日の7日以上前: 100ユーロ(登録料を含む)、フライト料金(該当する場合)および旅行保険(該当する場合)。
到着日の1〜7日前: 4週間の授業料と宿泊費、登録料、フライト料金(該当する場合)、旅行保険(該当する場合)。
ノーショー、または到着日後のコースのキャンセルまたは短縮の場合: 手数料の返金はありません。

入国ビザが必要であるが許可されていない場合は、ビザ拒否文書のコピーと一緒にすぐにESEに通知する必要があります。 ESEは、コース料金と宿泊料金から100ユーロ(登録料を含む)、フライト料金(該当する場合)、旅行保険(該当する場合)を差し引いた金額を返金します。 ただし、ビザ拒否書類の日付から3日以内にESEに通知しない場合は、上記のキャンセル料が適用されます。

 

 
ESE International Foundation Diplomaのみの申請、登録、確認
アプリケーションと登録

ステップ1:
ESE International Foundation Diplomaコースに関心のある学生は、145ユーロの返金不可の申請料とともに、適切な申請書に記入する必要があります。 申請書には、必要な書類(パスポートのコピー、IELTS 4.5以上またはNCC教育標準英語レベル判定テストで45以上のスコアに達した英語レベルの証拠、および高校の証明書)を含め、ESEに電子メールで送信する必要があります。で Admissions@ese-edu.com。 必要なレベルの英語を持たない学生は、NCC Education Standard English PlacementTestで必要なレベルのIELTS4.5または45を達成するために、セッション前の英語コースに参加する必要があります。

 

ステップ2:
学生の申請が承認された場合、ESEは暫定承認書と450ユーロの返金不可の登録料の請求書を発行します。

 

ステップ3:
450ユーロの返金不可の登録料を受け取ると、ESEは予約されたコースと宿泊施設の請求書と、大学による条件付きの承諾書(該当する場合)を発行します。

 

確認
ESEが国際財団の卒業証書に掲載するという申し出を受け入れた時点で、全額を支払う必要があります。 手数料の支払いを受け取ると、ESEは受諾書と支払いの領収書を発行します。これらは入国ビザ申請に使用できます(該当する場合)。

 

 
ESE International Foundation Year(IFY)のみのキャンセル料とポリシー

ビザの問題によるキャンセル:

International Foundation Diplomaのキャンセルは、書面で行い、電子メールで送信する必要があります。 Admissions@ese-edu.com 発行大使館/当局から送付された拒否書類の日付から3日以内。 マルタへの入国ビザが拒否された場合、ESEはコース料金のみを返金します。 払い戻しは、ビザ拒否の公式の証拠が提供された場合にのみ行われます。

 

ノーショー、またはコースのキャンセルまたは短縮の場合:

学生がコース中に到着しなかった場合、または欠席した場合、コース料金の返金は行われません。 欠席期間は、コース終了時の無料延長で補うことはできません。 学生が入国ビザを取得した場合、到着しない、到着が遅れる、欠席する期間は入国管理局に報告されます。

 

その他すべての理由により、キャンセルは書面で行う必要があり、次のようなキャンセル料が発生します。
到着日の1〜21日前:4週間の授業料と宿泊費、フライト料金(該当する場合)、旅行保険(該当する場合)。
ノーショー、または到着日後のコースのキャンセルまたは短縮の場合:料金の返金はありません。
コース開始日の14日から21日前までに、入国ビザ申請の承認がまだ保留中の場合、学生は145ユーロの延期料金でコース開始日を次の日に延期することを選択できます。 ビザの承認が確認されると、上記のキャンセルポリシーが適用されます。

 
 
全生徒

 
払い戻し

払い戻しがある場合は、ESEへの支払いおよびESEへの支払いを行った人と同じ方法で行われます。 したがって、クレジットカードでのお支払いの場合は、同じクレジットカードで同じクレジットカードの所有者に返金され、銀行振込での場合は、支払いが行われたのと同じ銀行口座。 ESEが返金のために発生した銀行またはクレジットカードの料金は、返金された金額から差し引かれます。

 

 
宿泊施設

ESEは、成人学生に次のようなさまざまな宿泊オプションを提供しています。ホストファミリー、ESEレジデンス、アパート、ホテル。
共同キッチン付きのホストファミリー、アパート、レジデンスは、シングルルーム追加料金が適用されるシェアルームまたはシングルルームベースで利用できます。
大人の学生は、友人/親戚/パートナーと一緒に部屋を予約する場合にのみ、ESEレジデンスまたはホテルの共有部屋の宿泊施設を選択できます。それ以外の場合はホテルの規則が適用されます。 つまり、人が部屋を選択したが、その部屋に一人でいる場合は、シングルルーム追加料金が適用されます。
ホストファミリーに滞在し、セリアック病などの特別食を要求する学生は、価格表に記載されている追加料金を支払う必要があります。
すべての学生は、宿泊施設のオプションに従って、関連するハウスルールに従う必要があります。 詳細については、ESEハウスルールをダウンロードしてください。
Residences and Apartmentsに滞在するすべての学生は、コース開始前のチェックイン時に100ユーロのデポジットを全額支払う必要があります。デポジットは、チェックアウト時に全額または一部が返金される場合があります。学生が負担する保留中の料金はありません、および/またはESEの宿泊施設に滞在中の備品、備品、備品を含むがこれらに限定されないいかなる性質の損害についても学生は責任を負いません学生はチェックアウト前にすべての保留中の料金を支払う必要があります彼らの預金を超えています。
ESEは、チェックイン時に100ユーロのデポジットを支払わなかった場合、学生を宿泊施設および学校から立ち退かせたり、停学させたりする権利を留保します。 このような場合、ESEは宿泊費と授業料の支払いに対して金銭を返金しません。
ESEは、学生の予約が確認された後に登録された追加のVATおよびその他の政府が課す税金を請求する権利を留保します。

 

 
旅行保険

ESEでは、すべての学生がGuard.meの旅行、健康、キャンセルの保険に加入する必要があります。これには、事故や病気の場合の医療費と本国送還費用の補償が含まれます。 ESEが提供するGuardMe Insuranceは、すべての国籍と研修旅行をカバーし、マルタの私立病院によって認められています。

 

 
手数料の支払い

ESEは、学生のコース開始日より前にESEが当該学生の予約の支払いを全額受け取っていない場合、学生を受け入れない権利を留保します。
手数料の支払いは、次のXNUMXつの方法のいずれかで行うことができます。

 

1.クレジットカード:

クレジットカード(VisaまたはMastercard)によるオンラインでの支払いには、エージェントが支払う場合、クレジットカードに請求される金額の3.5%(XNUMX%)の手数料がかかります。 ESEの会計部門が発行するオンラインリンクの詳細。

 

2.銀行振込:
銀行の詳細は次のとおりです。
アカウント所有者:European School of English Ltd.
銀行名:HSBC Bank Malta plc
支店の住所:High Street、Sliema、SLM 1549、MALTA
Bank Swiftコード:MMEBMTMT
アカウント番号:006 – 074413 – 451
IBAN:MT28MMEB44060000000006074413451

銀行振込によるお支払いの際は、参考として学生の氏名をご記入の上、銀行振込用紙のコピーをESEまでメールまたはFAXでお送りください。 銀行振込でお支払いの際に発生する銀行手数料は、学生/代理店がお支払いいただきます。

 

3. TransferMateによる:
TransferMateは、ローカルの銀行ネットワークを介して支払いが行われ、受け取られるため、ユーロ以外の通貨で支払う場合の国際電信送金/銀行手数料を排除するオンライン国際支払いソリューションです。 地元の銀行が通常見積もるよりも良い為替レートから、さらに節約ができます。
TransferMateでの支払いに影響を与えるには、次のリンクを使用してください。 https://indv.transfermateeducation.com/
TransferMateによる支払いに影響を与える場合は、参照として氏名と請求書番号を引用し、支払いのコピーをESEに電子メールで送信してください。

 

 
国民の休日

祝日が平日になると、英語の授業は可能な限り行われますが、必ずしも完全ではありません。
祝日に当たる国際財団卒業証書のレッスンは構成されていません。

 

 
レッスンの削減

各レッスンの所要時間は45分です。 特定のレベルでXNUMX人またはXNUMX人の生徒しか参加していない場合、そのレベルのレッスンの数は次のように減ります。
•一般英語20またはミニクラス20:20のグループレッスンから15のセミ/プライベートレッスンまで
•一般英語30またはミニクラス30:30のグループレッスンから20のセミ/プライベートレッスンまで
•ビジネス英語:20のグループレッスンから15のセミ/プライベートレッスンまで

 

 
不満

ESEは、学生がESEコースに参加しているとき、および/またはESEの宿泊施設に滞在しているときに、学生が経験した苦情や問題を認識しておく必要があります。 苦情は、電子メールを介して行う必要があります welfare@ese-edu.com またはESE福祉事務所で直接。 ESEは、学生がESEを離れた後、学生/代理人/保護者または法定後見人からの苦情を受け付けません。また、学生が出発した後に受け取った苦情に対する補償についても責任を負いません。

 

 
言語レベルと試験準備コース

試験対策コースは、学生のレベルに応じてさまざまなレベルで提供されます。 ESEは、試験準備コースへの入学時に学生のレベルが学生が試験を勉強して準備するために必要な基準を下回っていると感じた場合、試験準備コースへの学生の入学を拒否する権利を留保します。

 

 
言語レベルとESE国際財団の卒業証書のみ

ESE International Foundation Diplomaに入学するには、NCC Education Standard English PlacementTestでIELTS1または4.5のいずれかによって実証された最低B45 /中級レベルの英語が必要です。 学生は、ESE Webサイト(https://ese-edu.com/english-courses/academic-programmes/international-foundation-year/)にある特定の登録フォームに記入し、必要なすべての書類と一緒に提出する必要があります。 NCC Education Standard English PlacementTestでIELTS4.5または45を取得していないが、TOEFLやTOEICなどの国際的に認められた別の試験で同等のスコアを取得している学生は、プログラムで条件付きで受け入れられる前にオンラインで面接されます。コース開始日の前に、自国(利用可能な場合)またはマルタでIELTS試験またはNCC教育標準英語レベル判定テストのいずれかに座る必要があります。 必要な英語のB1 /中級レベルに達していないことが判明した学生は、追加料金でESEのNCC教育標準英語レベル判定テストで4.5IELTSまたは45を達成するためにプログラムを延長する必要があるかもしれません。 このような場合、ESEは条件付きレターを発行し、学生は145ユーロの延期料金でコース開始日を次の日に延期することを選択できます。
ESEは、プログラムの参加要件を満たしていない申請者を拒否する権利を留保します。

 

 
ESE出席ポリシー

定期的かつ時間厳守の出席は、学生が希望する言語学習の目標を達成するために重要です。 出席はレッスンごとに、そして学生が欠席する正当な理由がない限り、記録されます。 免除された欠席の証拠としての適切な文書を提供する必要があります。 学生は、コース終了時の出席証明書を受け取るために、学習期間中、全体で最低80%の出席が必要です。

 

 
ジュニアパッケージ

8歳から12歳までの同伴者のいない未成年者の場合、ESEの担当者はチェックインまで空港に留まる必要があります。 このような場合、25ユーロの料金が適用されます。 すべてのESEジュニアプログラムには、24時間の監督は含まれていません。 ただし、福祉担当官とレジャーグループリーダーは、すべての学生が24時間年中無休でアクセスできます。
ESEジュニアまたはティーンパッケージに登録されているXNUMX代およびジュニア学生の親または法定後見人は、ESEまたはその取締役またはスタッフが、傷害、損失または損害、またはその他の責任または損害賠償請求に対して責任を負わないことに同意し、これに同意します。 ESE以外で組織された活動またはプログラムに参加する学生、またはESEウェルカムガイドに印刷されているESE規則および規則を含むESE利用規約およびその他の書面によるポリシーに準拠していない学生に関して。 ESEウェルカムガイドは、ESEのコースに登録しているすべての学生に提供されるウェルカムパックに含まれています。保護者および法定後見人は、ESE Webサイト(https://ese-edu.com/download-a-brochure/)からダウンロードする必要があります。お子様がマルタに到着する前に、上記を読んで受け入れてください
すべてのXNUMX代およびXNUMX年生のすべての保護者または法定後見人は、ESE同意書に記入し、登録フォームと一緒にソフトコピーをESE予約に提出する必要があります。

 

 
不可抗力

ESEは、義務を順守しなかった場合の責任を負わず、ESEの合理的な制御が及ばない原因によって失敗が発生した場合の補償の支払いについても責任を負いません。 ESEは、不可抗力によって学生が負担した、または学生に代わって発生した費用については責任を負わないものとします。 そのような原因には、損失、損害、キャンセルまたは遅延、ストライキ、内戦またはテロ活動、戦争、自然災害または原子力災害、および異常に悪天候が含まれますが、これらに限定されません。

 

 
ESEビーチクラブ

ESEビーチクラブは季節限定です。 すべてのパッケージ(コースのみと宿泊のみを除く)には、ビーチクラブへの無料入場が含まれています。 週末と祝日は、ビーチクラブは割引入場料での支払いに対してのみ利用できます。 その他の制限が適用されます。

 

 
負債

ESEの取締役、経営陣、およびスタッフは、個人的な事故および/またはクライアントに属する個人資産の盗難、紛失、または損傷について責任を負いません。 ESEは常にクライアントに支援を提供するよう努めていますが、ESEの取締役、経営陣、およびスタッフは、地方自治体が下した決定に対して責任を負いません。 これには、入国ビザまたはビザ延長に関する手続きや決定も含まれます。 さらに、ESEは、ESEが運営するすべての施設内および/またはESEが組織する活動において、すべての人に合理的なケアを提供することを約束しますが、ESEはすべての人に関する責任を負いません。 上記にかかわらず、最大責任は、クライアントが支払った正味金額に拘束されるものとします。

 

 
一般条件

ESEは、マルタで緊急の医療処置を必要とする学生に代わって発生する可能性のある医療費または関連費用を全額払い戻し、深刻な医学的または心理的状態に苦しむ学生を学生の費用で直ちに帰国させる権利を留保します。 。

ESEは、その裁量でレッスン時間を変更し、別の施設で教室を使用する権利を留保します。 学生は、より高いコースレベルに上がるにつれて、追加のコースブックを購入する必要がある場合があります。

ESEは、提供される代替品が少なくとも最初に提供されたものと同じ基準、内容、および分類である場合に限り、通知なしにサービス、説明、および料金を変更する権利を留保します。

ESEは、宿泊施設のレベルが同等以上の基準である限り、予約されたものとは別の宿泊施設を提供する権利を留保します。

ESEは、違法薬物および/またはアルコールの所持または消費、物的損害、危険または障害を伴う行動を含むがこれらに限定されない、ESEの見解で容認できない行動をとった人物を追放/送還する権利を留保します。同じサービスを使用している他の人の健康、安全または快適さ、現地の法律の違反、および/または夜間外出禁止令の遵守、および/またはハウスルールに従わないこと。 学習ビザが必要な学生は予約どおりにレッスンに参加する必要があり、ESEは繰り返しレッスンに参加できない学生をビザユニットに報告する義務があります。 その結果、そのような学生はESEから追放される可能性があります。 そのような追放/本国送還はクライアントの全費用で行われ、返金は考慮されません。ESEはそのような追放/本国送還に対して150ユーロの管理手数料を請求する権利を留保します。 ESEまたは第三者の所有物への損害または損失は、出発前に学生が支払う必要があります。

ESEティーン&ジュニアプログラムには24時間の監督は含まれていません。 ただし、福祉担当官とレジャーグループリーダーは、すべての学生が24時間年中無休でアクセスできます。

ESEレジデンスアンドアパートメンツに居住する成人学生は、100ユーロの到着時に返金可能なデポジットを支払う必要があります。 この保証金は出発時に返金されますが、上記の住居の備品、備品、備品に学生が引き起こした損失や損害をカバーするために、一部または全部を保持することができます。 修繕費が保証金の額を超える場合は、宿泊先を離れる前に残金を支払う必要があります。

すべての学生は、ウェルカムガイドに含まれているESEの利用規約、ESEの規則と規制、および関連するハウスルールを遵守する必要があります(参照してください) 私たちのダウンロードページ 詳細については)およびESEが随時発行する可能性のあるその他のポリシー。

ESEはお客様のプライバシーを尊重し、一般データ保護規則に従ってデータを管理および処理します。 ESEに登録する際、申請者は、ESEが一般データ保護規則およびその他の適用法に従って個人データを処理し、必要に応じてESEグループ内の他の企業にそのようなデータを転送/開示することに同意および承認します。登録されたサービスの提供の成功とそれに関連する目的。 そのような目的とデータ保護に関するあなたの権利の詳細については、次のリンクを参照してください:https://ese-edu.com/privacy-policy/。

 

 
管轄

何らかの理由で学生とESEの間で紛争が発生した場合、そのような紛争の解決はマルタ共和国の法律およびマルタの裁判所の管轄に従うものとします。

2020年にMaxDoepfmerによって構築されたWebサイト。